かき氷に対するイメージが確実に変わる!十条の甘味喫茶「だるまや餅菓子店」で大人気のかき氷を食べました

今日は、僕の住んでいる東京都北区十条の事をちょっと・・・埼京線十条駅の北口の改札(タクシー乗り場がある出口)を出ると、十条銀座商店街への入り口がすぐに見えてきます。

十条駅の北口の改札を背にして右奥に十条銀座の入り口があります

その十条銀座商店街の中には、とても有名な「だるまや餅菓子店」という甘味喫茶があります。地元十条の方からは「だるまや」と略されて呼ばれることが多いです。

この「だるまや」では餅菓子をはじめとしておいしい甘味が揃っていますが、特に人気の商品が「かき氷」で、全国から食べに訪れるお客さんで連日いっぱいです。

下の写真はお店の外観ですが、この日もお客さんで賑わっていました。

darumayakoori00

店内が混雑していてなかなか入れないこともあるので、お店の外に並ぶ用の椅子が数脚置かれています。

僕はこの日はさすがに「暑すぎるわ・・・もう我慢ができんわ~」と感じていましたが、ちょうどお店の前を通りかかったので並ぶことにしました。

ちなみに、かき氷は一年通して食べられます。

「だるまや」のかき氷、初めて

・・・しばらく座って待っていると、店員さんからメニューを渡されました。

darumayakoori06

darumayakoori07

実は地元の富山県から十条に引っ越してきて数年が経っているのですが、「だるまや」のかき氷を食べるのは今回が初めてです。

「どのかき氷を食べようか。迷っちゃうんだよな~」と悩んでいましたが、ちゃんとメニューだけでなく、初めての方にもおすすめのかき氷が案内されています。ふむふむ、基本か特選がおすすめなんだな~。

また、あずきは創業より炊き続けている自家製とのことです。なるほど~、とても楽しみ!

店内に案内されました

店内は20~25人ほどが入れるような広さで、下の画像にあるようにボードに書かれたメニューが目につきました。

darumayakoori02

よく見ると・・・ワイン(ヒトミワイナリー・ブルゴーニュ)かき氷もある!(いちじく蜜も添えてあるらしい!)あと、店員さんがほかのお客さんと会話していたのをちらっと聞いたのですが、キャビアが乗ったかき氷もあるとか。

また、直近では国産ブルーベリーかき氷も始まったそうです。このほかにも、数量限定で「マンゴーかき氷」や高知県の特産品「ぶんたんかき氷」など、ユニークなかき氷が頼める時もあります。

なんか・・・かき氷に対して持っていたイメージが一気に変わりそうですね。

かき氷だけでもメニューが豊富です。確実に1回の来店では頼み切れない上に、どのかき氷も興味を惹かれるものばかりだなぁと思いました。

というわけで、店内に入ってからも何を頼もうかをずっと悩んでいたのですが、僕は「特選ミルク宇治金時」にしました。

特選ミルク宇治金時

噂には聞いていましたが、このボリュームが伝わるでしょうか・・・そびえたってるから!

darumayakoori03

値段は1,280円(税込)です。

抹茶は風味を生かすため、注文後にたてるそうです。確かに抹茶の風味がとても良かったのが印象に残っています。おいしい。

そしてお腹いっぱい。かき氷でお腹いっぱいになるとか・・・そんなこと、想像したことありますか。

完熟あまおう

僕は連れと一緒にお店に入ったのですが、連れは「完熟あまおう」を頼みました。

あまおうをかき氷に入れるとは・・・なんてぜいたくなことを!

darumayakoori04

値段は1,630円(税込)です。

かき氷ももちろんですが、あまおうを食べるのも今回が初めてでした。あれですね、巷でよく言われている噂通り、あまおうってめちゃくちゃ甘いんだな・・・!

また、改めてかき氷のきめ細かさ(っていう表現でいいんだろうか)を堪能していたんですが、すごいですよね。

darumayakoori05

かき氷の氷がおいしいって最高だな・・・という純粋な感想しかないです。氷については公式ホームページで以下のように書かれていました。

京都の純氷を使用しておりましたが、今年の春から三重のものに変更となりました。また、一部数量限定で、天然氷も使用しております。気温、湿度、刃の状態によって削りの仕上がりが異なるかき氷、日々研究が続きますが、一番削りの状態がいいのは”冬”。本当は一番食べて欲しい季節は”冬”なんですが、寒いですよね。

公式ホームページより)

そうなんだ~。また別機会として冬にも食べに行ってみようっと。

また、写真からも伝わると思いますが「特選ミルク宇治金時」も「完熟あまおう」も、共通して氷のボリュームがすごいので「バランス見て食べないと、氷だけ余っちゃうんじゃないか?」と少し思っていたんですが、ちゃんと深部までシロップが浸透していました。

つまり、食べきるまで楽しめるという事ですね。これは大満足だわ・・・!

まとめ

十条でおいしいかき氷を食べるなら「だるまや」で間違いないです。もしお近くにお越しの際は、是非とも!

電車でお越しの方が多いとは思いますが、埼京線の十条駅が最寄り駅です。

京浜東北線の東十条駅からでもそう遠くないです。(十条駅⇔東十条駅間は、徒歩10分程度なので近いんですよね)

余談:「だるまや」で嬉しかったこと

「だるまや」で印象に残ったのは店員さんの態度です。とても親切に商品について教えてくれました。

  • こういう想いで商品を提供しているよ
  • なぜこの値段で商品を出しているのかというと・・・
  • かき氷もおいしいんですけどね、コーヒーもおすすめですよ。コーヒーはですね・・・

など。僕は、おもてなしの姿勢ってこれだなぁと思いました。会計の際には「本日はお越しいただいてありがとうございました」という一言もありました。

サービス業なんだから、そんなの当たり前だろうと考える方もいるかもしれませんが、繁盛しているお店ほどそういった基本的なところがしっかりしていると思っています。

気持ちがいい、居心地がいい雰囲気を作ってくれるお店は「また来たい」と思わせてくれますし、ほんと好きです。僕も見習わないといけない・・・!

「だるまや」の人気の秘密は、かき氷がおいしいという理由だけじゃなさそうです。おすすめです!

甘味喫茶「だるまや餅菓子店」営業情報

所在地〒114-0031 東京都北区十条仲原1丁目3-6
電話03-3908-6644
営業時間10:30~18:30
休日毎週火曜日(7月・8月は不定)
公式ホームページhttp://www.jujo-darumaya.com/

※2015年8月は18日(火)、25日(火)がお休みです。

周辺地図はこちら

評価:★★★★★

著者:bouya Imamura