【コードを書くことが開発の全てではない】実際の開発現場で使われているテクニックや開発の全体を捉えることができる「現場のためのSwift4 ~iOSアプリ開発に不可欠な実戦スキルのすべて」が5月に発売予定です

実は去年から本を出版する企画が進んでいまして、iOSアプリ開発に使用されるプログラミング言語「Swift」を扱った書籍「現場のためのSwift4 ~iOSアプリ開発に不可欠な実戦スキルのすべて」が2018年5月22日(火)に秀和システムさんから発売予定です。

予約が開始されました

4/22よりAmazon楽天ヨドバシ.comで予約が開始されましたので「どんな本なんだろうな〜」と少しでも興味や関心をお持ちの方は、ぜひともチェックください。

このSwift本(以下、本書)は、Swiftを使ったiOSアプリ開発に従事している澤田さんと共著で、株式会社MASHの染谷さんには執筆のきっかけをいただき、編集にも関わっていただいています。どうもありがとうございます。

こんな方に読んでほしい本です

本書はこんな方に向けて書かれています。

  • 巷に数多くあるSwiftの入門書の通りアプリを作ることはできるけど、「さらにもう一歩上のレベルを目指したい」と考えている方
  • 将来、アプリ開発の現場でプロジェクトマネージャーやディレクターとしてキャリアアップ・スキルアップを目指している方
  • 開発の一部だけ携わるのではなく、企画・設計・実装・運用・保守など、開発の全体像を捉え「プロジェクト進行」について学びたい方
  • 実際の開発現場で使われているコードの書き方やテクニックを身に付けたい方(サンプルアプリなどを作りながら学べます)

初心者から中級者を目指す方へ向けて書かれた本です

現在巷に出回っているSwift関連の書籍は「これからSwiftの言語を勉強し、アプリ開発を始めたい初心者に向けた入門書」または「Swiftの言語について深く書かれている中・上級者に向けた技術書」のどちらかのタイプが多くを占めています。

Swiftを使ったアプリ開発の経験が少ない方にとって、入門書の内容を実際の開発現場で活かせるかどうかというと「実用的なアプリ開発をする」という点では、かなり難しいのが現状ではないかと思います。

例えば、開発現場では入門書にはあまり触れられていない「コードを書くこと以外の様々な工程」に気を配る必要があります。「覚えないといけない知識や作業量が増え、ハードルが上がって苦労した」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

かと言って中・上級者向けの技術書は内容が難しすぎてあまり活用できていない、という経験もあるのではないかと思います。「自分が本のレベルに追いついていない」という感じですね。

僕もこれまでSwiftに限らず、様々な技術書を読んできましたが「まだ自分のレベルには合わない、、難しい内容だな・・・」と感じる本に出会って苦労した経験が何度もあります。

本書は「初心者と中級者との間にある技術力や知識量の差異を補う役割」を持つ位置づけではないかと思います。アプリ開発の初心者から中級者へのレベルアップを目指す方にはピッタリなはずです。

「どんな内容が書かれているの?もうちょっと知りたい!」という方のために、ゲラの一部をご紹介します。

ゲラ1

入門書に書かれている通りアプリを作ることができるスキルがあれば、次のステップとして「自分で台本を作り、アプリ開発を企画してみよう」という内容が書かれています。

ゲラ2

コードを書くだけでは身につかない、実際の開発現場に身を置かないと学ぶ機会がなかなか得られない、プロジェクトへの関わり方や取り組む姿勢についても触れています。

※本書発売時には文章・デザイン・レイアウトなど内容が変更となる場合があります

発売日などの進捗を配信しています

発売日は2018年5月22(日)を目標にしていますが、ただいま校正中なので、予約開始や正式な発売時期などの進捗がありましたら、このブログを購読いただいている方やTwitter,Facebook,Google+などで随時お知らせします。

ハッシュタグがあります

本書に関連する話題は、Twitterのハッシュタグ #Swift不可欠本 を付けてツイートいたします。また、ハッシュタグを付けていただいたツイートは積極的に読ませていただいたり、反応しますので、ぜひ更新情報をチェックいただけますと嬉しいです!

参考リンク

著者:bouya Imamura