WordPressの投稿と位置情報を紐づけて、Google Map上に分布図っぽいものを表示させることもできます

「WordPressで会員制サイトも作れるよ」ってことを実際のサイトで見てもらったほうが話が早いな・・・というわけで、モデルケースとして「ほくラク」というサイトを運営しています。(デザインの見直しや機能追加などは、少しずつやっています)

ところで「ほくラク」では、北陸新幹線沿線を中心とした魅力(食や観光など)を中心に取り扱っているのですが「食べたお店」や「観光地」などの場所は、投稿と位置情報を紐づけています。

投稿と位置情報を紐づけるとこんなこともできる

一例ですが、その紐づけた位置情報を活用すると、GoogleMap上に分布図を表示することもできます。(「ほくラク」の下部にある地図を開くと、実際の動作を確認することができますので、気が向いたらお試しください)

hokurakumap00

「投稿との紐づけ」ってどうやっていますか

手っ取り早く実装する方法が「カスタムフィールドだ」と思う方もいらっしゃると思います。ただ、私の場合は後々の拡張性を考慮して、カスタムフィールドを使わずに専用のテーブルを用意しています。

カスタムフィールドを使ったほうがいいかどうかを考えるには、以下のスライドが参考になります。

専用のテーブルはどうやって用意しているのか

WordPressの管理画面上でテーブルの作成や編集ができるプラグインを作りました(今のところ公開や配布する予定はないです。使いたい!という方はお問い合わせください)。パソコンの知識があまりない方でも更新管理作業ができるように、操作をなるべく感覚的にできるように簡略化しています。

今までは、投稿と位置情報を紐づける場合はカラムやテーブルを決め打ちで作っていたのですが「カラムもテーブルも自由に入力できるようになれば、紐づけられる情報も柔軟に変えられて、やれることが広がりそうだな」と思ったので作りました。

私がこれまで担当した制作案件の中では、WordPressを使ったブログじゃないサイトを作る場合や、ブログからさらにもう一歩進んだサイトを作る場合には「投稿と何かの情報を紐づける」っていう場面が頻繁に求められてきたので、今後もそんな案件があった時には活躍するなぁとは思っています。

「WordPressってこんなこともできるんだな〜」ということがなんとなくでもイメージできますと嬉しいです。

著者:bouya Imamura