【Webサイトをリニューアルする時によく使ってます】WordPressを専用ディレクトリに配置する方法を解説したスライドがとてもわかりやすい

既存のホームページの改修に合わせて、WordPressで作りなおすケースは私はよくあります。

  • 「ちょっとこのHPいい感じにしてよ、たのむよ」
  • 「とにかく自分たちで更新したい。WordPressって言葉たまに聞くけど、今のサイトをそれにリニューアルできるかな」

みたいな相談が多いです。

で、そんな時私は、WordPressを専用ディレクトリに配置して既存(リニューアル前)のファイルを残しつつ、すっきりとWordPressファイル群を1つのフォルダ内にまとめてインストール。後に移行、一般公開。おおまかですが以上の流れをとる場合があります。(場合がある、という表現をしたのは、既存のサーバ環境やディレクトリ構成、その他諸々の要件を検討した結果、一案として採用しているという意味です)

それで、「WordPressを専用ディレクトリに配置する方法」はCodexに解説されているんですが、さらに詳しく解説されているスライドがありますのでご紹介します~。

わかりやすい「専用ディレクトリの配置方法」

以下のスライドを最後まで見ることで、専用ディレクトリの配置に関する理解が得られると思います。

いや~、わかりやすいです。ディレクトリの概念は予備知識として必要ですが、WEB制作をお仕事とされている方にとっては、当然知っておかないといけない前提知識だと思います。

というわけで、自分も勉強になることがたくさんありました。おすすめです!

※追記:専用ディレクトリの配置方法は、「レンタルサーバの簡単インストール機能でWordPressをインストールしたけど、サイトのURLが「/wp」と後ろに付くようになった。これを取りたいんだけど・・・」というかたにも活用いただける方法です。ご参考いただけますと幸いです。

著者:bouya Imamura

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前,メールアドレスが仮のものですとコメントが反映されない場合があります

最近の投稿が物足りない方は

最新記事の隣にアイキャッチ(サムネイル)を簡単につけられるWordPressプラグインをWordPress.orgで無料で配布中です。画像は人の目につきやすいですね。導入方法は、専用ページをご参考ください。 プラグイン専用ページ
※バージョン1.3.1より、PHP5.3以上で動作するように変更しました。動かない!という方は専用ページで解決方法をご案内しています。

PICKUP!